大谷翔平、怪我に対して焦りがあるのか?怪我への不安・・・

こんにちは!
プロ野球と大谷翔平選手大好きなひろです。

前回書いたブログも大きな反響をいただきありがとうございました。

今日は、気になる大谷翔平、怪我に対して焦りがあるのか?怪我への不安・・・について

ブログを書いてみたいと思います。

では詳細です。
スポンサーリンク

■1.大谷翔平、怪我での焦りがあり?

Yahoo!ニュースでは

(以下Yahoo!ニュース引用)
嘆く栗山監督…大谷が沖縄で打撃練習“ペースアップ宣言”

「今月は一回もバットを振らなくても、(開幕には)間に合う。ずっと本人にも言ってるんだけど……ねぇ」

栗山監督がこう言って苦笑した。

米アリゾナキャンプを打ち上げ、12日に沖縄入りした日本ハム。名護での2次キャンプは13日から行われ、選手はこの日、午後から約1時間、軽めに体を動かした。

栗山監督がしきりにブレーキをかけているのは、大谷翔平(22)に対してだ。報道陣から調整について聞かれると、「(沖縄は)もう少し寒い方がいいかも」と、こう続けた。

「寒い方が丁寧に体をつくれるでしょ? 暖かいと体が出来上がったかどうかわからない。打つ方のプランはある。次のクールから(ペースを)落としながら見極めたい。スパイクで走るのと打撃練習のどっちが先か? 本人は打ちたいらしいけど……それじゃダメだと何度も言っている」

その後、冒頭の嘆きにつながるわけだが、本人は納得していないのか、こう言ってペースを落とすどころか上げるつもりのようだ。

「(WBC組などと)合流できたので、それだけ早く実戦に入っていけるんじゃないか。沖縄は思ったより暖かかった。(練習は)問題なくできると思う。早くみんなと同じメニューでやりたい? 全部が全部は厳しいし、ブルペンはどうなるかわからない。でも、打撃は早めに(フリー打撃などに)入れるようにしたい」

WBCのメンバーから外れ、投手としては開幕に間に合わない。せめて打つ方だけでも間に合わせたいと焦る気持ちは分かるものの、アリゾナより気温の低い沖縄でいきなりペースを上げれば、せっかく快方に向かっている右足首の痛みがぶり返すかもしれない。こうなったら夜間も含めて四六時中監視するか、動けないように柱に縛り付けておくしかないのではないか。

引用;Yahoo!ニュース
引用URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000007-nkgendai-base

と語られている。

 

スポンサーリンク

■2.大谷翔平、開幕までに間に合うのか?

上記の記事のように、焦りがある様子の大谷翔平だが、

投手としての開幕は無理にしても

打者としては開幕までには間に合うのではないでしょうか。

しかし、ファンとしては焦りすぎてまた怪我をしてしまわないよに

気を付けていただきたいものだが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク