大谷 翔平 エンゼルスの地元記者の予想がヤバイことに!!

【MLB】トラウトが大谷の能力を改めて絶賛 昨年キャンプで「本当に感動した」こととは…(Full-Count) – Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-… エンゼルスのマイク・トラウト外野手が地元メディアの取材に応じ、同僚の大谷翔平投手について語った様子を「DAZN(ダゾーン)」が公開している。

エンゼルス実況が”大谷翔平愛”を日本語告白「いつだって楽しい!」 Full-Count エンゼルス大谷翔平投手は今季も米メディアを虜にしているようだ。地元テレビ局「FOXスポーツ・ウエスト」で実況を務めるホセ・モタ氏が自身

 

【MLB】エンゼルス実況が“大谷翔平愛”を日本語告白「いつだって楽しい!」 – Full-Count 元大リーガーで地元局「FOXスポーツ・ウエスト」で実況を務めるホセ・モタ氏 エンゼルス大谷翔平投手.

 

大谷翔平、打者復帰後「400打席」見込める 昨季は367打席で22発…HR数更新なるか(ベースボールチャンネル)headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… 今季打者に専念するという形で復帰を目指すロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手について、地元紙『LAタイムズ』が11日(日本時間12日)、今後の見通しを示している。

 

エンゼルス大谷翔平の起用法はどうなる? 解説者たちが熱く議論を交わしました。 皆さんは今年の大谷選手をどういう風に使っていくべきだと思いますか?

 

17年ぶり4人目の快挙 1995年 野茂英雄(ドジャース) 2000年 佐々木主浩(マリナーズ) 2001年 イチロー(マリナーズ) 2018年 大谷翔平エンゼルス

 

プレシーズンでガンガン打ってるプホルスは開幕確定だよ! エンゼルス、プホルスはDHか一塁か 新加入ボーアと大谷翔平が与える影響は大(ベースボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

 

エンゼルス、プホルスはDHか一塁か 新加入ボーアと大谷翔平が与える影響は大(ベースボールチャンネル)

 

あっ!【テンピ(米アリゾナ州)共同】米大リーグは6日、各地でキャンプが行われ、エンゼルス大谷翔平(花巻東高)がアリゾナ州テンピで6日連続のトス打撃をこなし、右肘手術から再開以降最多の30球を打ち込んだとのこと!

 

エンゼルス大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、球場外での生活について明かした。 昼寝を取り入れ、外食も控えているという。疲れを残さずに患部の早期回復も図る狙いで、右肘に負担の大きいゴルフも自粛。完全復活へ、24時間を野球のためにささげている。

大谷、昼寝取り入れ計11時間睡眠 右肘早期回復へ果報は寝て待て!?― スポニチ Sponichi Annex 野球 sponichi.co.jp/baseball/news/… 昨年10月に受けた右肘手術の影響で今季は打者に専念するエンゼルス大谷翔平投手(24)が6日(日本時間7日)、球場外での生活について明かした。

プロ野球MLBのロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平

 

おはようございます。 エンゼルス大谷翔平選手が、ア・リーグの新人王に選出されましたね! おめでとうございます。 来季は打者一本での活躍楽しみです。 みなさまは今日もどうぞ良い1日を

 

 

や先日の東京マラソンでオリンピック選考会の出場権を得た3代目山の神(当時青学大)の神野大地が目標リストをつけているのは有名な話🎵💕がんばれ👊😆🎵

『ベーブ・ルースの再来』とまで評されて海を渡る大谷翔平。そんな彼をアメリカのメディアやファン、一般市民は、実際のところどう見ているのか。大谷選手が入団したロサンゼルス・エンゼルスの本拠地であるカリフォルニア州オレンジ郡の地元紙で働く唯一の日本人記者が、2018年シーズンを通して、現地の生の声やアメリカ人でも知らない地元ネタなどを紹介する。その第1弾の前編。(志村 朋哉)

第1弾の後編へ

野球好きの友人から送られたテキストメッセージで、2017年12月8日は目が覚めた。

夜明けまで仕事をしていたが、英語で書かれたメッセージの内容を見て眠気が吹き飛んだ。

「You got your wish. Ohtani to the Angels.(君の願いが叶ったね。オオタニがエンゼルスへ)」

ベッドから飛び出してニュースサイトやツイッターを見ると、確かに地元の何人かの野球記者たちが速報を流していた。

私はすぐに上司であるオレンジ・カウンティ・レジスター編集長にテキストを送り、エンゼルス番記者のサポートなど、できることは何でもすると伝えた。

メジャーの新天地で迎える2018年シーズンぬ向け、自主トレーニングに励む大谷翔平=2018年1月5日、千葉県鎌ケ谷市【時事通信社】

メジャーの新天地で迎える2018年シーズンぬ向け、自主トレーニングに励む大谷翔平=2018年1月5日、千葉県鎌ケ谷市【時事通信社】

レジスターは、エンゼルスが本拠地を構えるカリフォルニア州オレンジ郡の地元新聞社。オフィスはエンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムの向かいにあり、私の席からは球場が見える。同僚は、ほぼ全員がアメリカ人。私はそこで働く唯一の日本人で、報道記者として政治や文化、調査報道などの記事を英語で書いている。

編集長には、大谷選手が候補を7球団に絞った時から、もしエンゼルスに来ることになったら取材を手伝いたいと声をかけておいたが、彼を含めてオフィスの野球好きたちは、「まさかないだろう」という反応だった。

というのも、野球記者たちの間では、当初はヤンキースやレッドソックスなど東海岸の名門、希望球団が絞られてからは、日本や日本ハム球団とつながりが深いマリナーズやパドレスが本命と見られていたからだ。

移籍発表の数日前には、レジスターのコラムニストが、「オオタニがエンゼルスを選ぶなんてちょっと出来過ぎだよね?」という見出しの記事を書いた。

それだけに、私にとって大谷選手の決断は驚きだった。

急きょレジスターでは、翌日の一面とスポーツ面で大谷選手の特集を組むことになり、私も現地に住む日本人の喜びの声を記事にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です