大谷翔平 海外の反応 台湾での人気がすごいことに!!

勝てると思ったのに勝てなくてすみません、高校野球、北海道について、新球場、来シーズンに向けて、金子弌大、王柏融加入、投手陣&野手陣、清宮は30HR打たないと、吉田輝星 柿木、中田翔…

■日本ハムファイターズ最新動画↓

田中賢介「引退するの今年か来年かで悩んでた」

岩本勉「田中賢介ワールドで辞めていったらええで」

田中賢介「早く引退宣言した方が気を使わせなくて済むかなと」

建山義紀「ファイターズのトレードは寿司屋みたいなもん」

岩本勉「レアードは勝負強かったから残念やわ」

王柏融「以前からファイターズに入団したいと思ってた」栗山監督会見

岩本勉「金子弌大の抑えも面白いと思うわ」

金子千尋「これを機に登録名を金子弌大に変更します」

岩本勉「金子千尋との契約はメリットしかない」大王獲得

岩本勉「西川遥輝に厳しく言ってきたのはわざとです」

お正月明け早々の今年1月14日、台北で行われた合同記者会見にて、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング(PLM)が、FOXスポーツ台湾と2016年からの3年にわたる放映権契約を締結したことを発表した。昨年までは台湾でパ・リーグの試合は1週間あたり7試合程度の放送だったものが、今年から1週間あたり10試合以上放送されることになる。北海道日本ハム・陽岱鋼選手を筆頭に台湾出身選手たちの活躍もあり、彼らの母国・台湾でも年々、日本プロ野球への人気・注目度は高まっている。

日本球界で活躍する台湾人選手の動向を中心に、台湾各メディアの記者も日本プロ野球をインターネットや現地取材などで逐一チェックしている。2月13・14日に石垣島で行われた千葉ロッテ対Lamigoモンキーズの親善試合でも、台湾から多くの記者が駆け付け、その動向を記事、写真、動画などで伝えていた。来日したLamigoの選手、そして台湾出身である千葉ロッテのチェン・グァンユウ投手への取材だけでなく、日本人選手への取材も行われたのだが、その質問内容には球団スタッフも「よく勉強している」と舌を巻いていたほどだった。

そんな彼ら彼女らに、今年のパ・リーグで注目している選手を台湾人選手、日本人選手双方で挙げてもらった。一記者、そして同時に海外在住ながらも一日本プロ野球ファンでもある彼ら彼女の目線から、日本プロ野球を見てみよう。

台湾の記者注目の台湾人選手は?

まずは注目の台湾人選手から。「台湾の英雄」とされる陽岱鋼選手が多数占める…と思いきや、様相は異なるようだ。

——————–
<中国時報 / 呉政紘記者>
チェン投手です。日本語も「チェンチェン大丈夫」。すっかりチームの輪に溶け込んでいて、結婚しましたし、大学も卒業しました。チェン投手の球は昨年よりも速くなっており、今の時期でもう143キロが出ていて、制球力も進化しました。得意の変化球は今年もチェンジアップ。かなり強化されたので、左打者にとっても要注意だと思います。チェン選手は昨年対外国人選手の成績が苦しかったのですが、もしこの課題を克服したのならば、大きな飛躍が期待できると思います。

チャンスはピンチ!よりも、ゴールはピンチ!という考え方に震える

みなさん、こんにちは。「サッカーが上手くなりたければ心が成長しなければならない」とは、亡き師匠の教えの根幹、極意中の極意であったと私は認識しています。その言葉の本当の重み、大切さを実感できるようになったのはずっと後になってからのことでした。

同じように、「野球が上達したければ心を成長させるしかない」と書かれたインタビュー記事をNewsPicksの有料記事内でみつけました。日ハムの栗山茂樹監督です。NewsPicksは私が日経新聞と並んで毎日欠かさず読んでいるアプリで、ご存知の方も多いかと思いますが良質で骨太な記事を数多く配信されています。ここでも私は特に自伝や伝記的なモノが好きで、自分よりも遥かに能力の高い方々が、それぞれの中にある「言葉にしがたいもの」を言語化しているような記事に強く魅かれます。

栗山監督の記事も「幸福論というテーマをプロ野球人という切り口で鮮やかに言語化されていまして、プロとしてのキャリアを積んでいくという視点で読むと気づきがメチャクチャ多いインタビュー記事でした。またインタビューアーの質問のクオリティが高い。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です