大谷翔平の父は韓国人?その真相とは・・・

岩手生まれであの顔立ちだから違うでしょう。
在日選手の顔を見てください。金本、新井、張本、金田。

大谷翔平の父は韓国人?その真相とは・・・

高砂族とかも、大日本帝国時代からずっと野球得意ですね。

アブさんとか?、漫画にも出てますね〜

 

スポーツ選手にもたしかに多いですよね。

岩手出身だから、蝦夷や古代ユダヤ(白人系ユダヤとは別)の血が入っている可能性はあるかも。 ヘブライ語
通訳さんのヒュンダイの車は球団のスポンサーだからみたい。

 

ホントの所は知りませんけれど…社会的に成功した人であっても、本名を名乗らずに通名で通し続けている事について同胞の心中ってどうなのかしらね…
(ತ╯౪╰ತ‵)

 

日本人選手の活躍が面白くないのか、イチローもボロカスに言っていたのが、
この朝鮮人、張本勲(チャン・フン)

朝鮮人嫁を持つ関口宏の「サンデーモーニング」じたいが、朝鮮びいきの左翼番組ですけどね。

そんな チャン・フンの発言を喜々として報じるのが南朝鮮紙。

日本プロ野球の伝説的な在日同胞チャンフン氏(77)が大リーグで二刀流ブームを起こしている大谷翔平(24・LAエンゼルス)の活躍を斬って棄てた。
日本の野球界の代表的な毒舌家らしく冷静な観察の結果である。

 

チャン・フン氏は8日、TBS「サンデーモーニング」生放送に出演、最近3試合連続本塁打で活躍した大谷について「まぐれか米国の投手のレベルが落ちたのか、たぶんその両方だと考えている」とし「2試合連続本塁打はできるが、3試合連続ホームランは珍しい」とコメントした。
・・・・・・・・・ここまで

大谷翔平の父は韓国人?その真相とは・・・

オランダ戦で出来事

 

2016年11月の東京ドームで行われたオランダ戦での一打が話題になりました!

この試合は翌年のワールド・ベースボール・クラシックに向けたての強化試合ということですが、大谷選手は日本代表として参加しました。

 

この時に、オランダ代表のフロラニス投手の投げた3球目、高めのボールを大谷選手が捉えた打球でした。

 

なんと、打球が東京トームの天井の隙間に入り込んでしまいました。

 

結局、エンタイトルドツーベース(二塁打)になりました。

 

 

しかしながら、東京ドームの天井まで打球を届かせるというのは大変なことですよね!

 

天井がなければ、恐らく相当な飛距離のホームランだったのではないか!

 

本人は

 

飛距離は充分だと思いましたが、打球が切れるかどうかだけ。一応走っていました。入っていたところが、インフィールドだったので、二塁打だと思っていました。

 

と淡々と答えたいたという。。。

 

この出来事は過去にも、2002年にジャイアンツだった松井秀喜選手が記録して以来ということでした!

 

実際、まだアメリカでは投手としての大谷は評価していたが、打者としての大谷の評価は今ひとつだったが、この出来事をキッカケに充分やっていけるのでは!?という出来事となったようです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です