大谷 翔平 海外 の 反応 投手としての評価が以外にも〇〇だったとは・・・

大谷翔平選手が止まらない! 2試合連続、逆転の第5号ホームラン!!

大谷翔平が2試合連続の逆転の第5号ホームランを放ちチームを優勝に導いています。

大谷翔平が払った逆転ホームランはバックスクリーンに入る超特大のホームランでした。

いよいよ大谷翔平のバッティングとしての成績が上り調子に入ってきました。

・ネットの反応としては

「大谷凄すぎる」

「大谷、また打ってんの」

「大谷またホームラン打ったのかw」

「大谷またホームランか 化け物」

「大谷2試合連発かぁ さらに上げてきたな」

「大谷さんまたホームラン打ってるやん。 カッコよすぎ。」

昨年同様、あまりにスゴすぎて「また」という声が多い。一時は6点差をつけられていたエンゼルスだが、大谷選手のホームランを含む猛攻でついに逆転。乱打戦となった試合は、現在6回表で8−7のまま終盤に突入しようとしている。

参照元:MLB.com(英語)

アメリカでも韓国でも人気?大谷翔平MLBでの反応

 

大谷翔平がメジャーリーグで大活躍しているのは当たり前になってきた素晴らしい時代となってきました。

そんな大谷投手に対してアメリカメジャーリーグはどのような反応をしているのか。

大谷選手はこうやって多く活躍していることによって運動神経が素晴らしいことは間違いないでしょう。野球で大活躍のメジャーリーガー大谷翔平選手です。

 

umaー3ーsukisuki

@uma3sukisuki0

大谷翔平選手

アルゾナキャンプ情報

人気は健在、ファンにサイン

する姿がみられます

 

サンデーステーションより

83

18:21 – 2019年2月17日

umaー3ーsukisukiさんの他のツイートを見る

Twitter広告の情報とプライバシー

 

前人未到の二刀流で日米で大活躍中の大谷選手について、日本での活躍や人気はもちろん、海外での人気や反応について書いていこうと思います。

 

大谷選手の経歴

ということで、まずは大谷選手の経歴をまとめてみました。

実績や打ち出した数々の記録を見てみたらそのスゴさは一目瞭然でした。

 

参照:Wikipedia

プロフィール

生年月日  1994年7月5日

出身地   岩手県・奥州市

学歴    花巻東高校卒

身長    193cm

体重    96kg

略歴

2002年 小学3年で野球を始め、全国大会に出場する

2004年 小学5年生で球速110km/hを記録

2010年 花巻東高校へ進学 1年生の時に球速147km/hをマーク

2012年 高校3年生の夏、アマチュア野球史上初となる球速160km/hをマーク

2013年 メジャー行きを悩んだ末、日本ハムファイターズへ入団

2013年 一年目から1軍で活躍

2014年 NPB史上初となる同一シーズンで二桁勝利と二桁本塁打を達成

2015年 最多勝利、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝く

2016年 対福岡ソフトバンクホークスで球速165km/hをマークし、日本最速記録を塗り替える

2017年 12月にロサンゼルス・エンゼルスと契約

2018年 メジャーリーグでも二刀流で活躍

参照URL:https://akogaresan.net/sahouhei1/

 

小学生時代から大活躍で、高校時代にはアマチュアにも関わらず急速160km/hを叩き出すなど、文句のつけようがない怪物っぷりを発揮しています。

まさに日本球界の宝というべき存在でしょう。

 

そんな大谷選手が日本を離れ、メジャーリーグ ロサンゼルス・エンゼルスでプレーし始めたのが2018年シーズンからです。

野球の本場アメリカではいったいどのような活躍を見せたのでしょうか。

 

大谷翔平のメジャー1年目の結果は?

気になるメジャーリーグ1年目の成績をさっそく紹介します。

二刀流なので、打者と投手それぞれどのような結果だったのでしょうか。

 

打者としては、104試合(代打22試合)で、打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁という成績でした。

投手としては、10試合に先発出場して4勝2敗、防御率3.31でした。

参考:https://danku-smash.com/ootanishouhei-1stmlb-record/amp/

 

大谷翔平はこのようにメジャー1年目から素晴らしい成績を訪れております。

これに対してメジャーや海外の反応を韓国での反応は素晴らしいものでありました。

 

10登板20本塁打10盗塁というメジャーリーグ史上初の記録

この成績をもとに大谷翔平は新人王を獲得するという素晴らしい成績を収めました。

また、メジャーリーグのルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞=新人王)にも受賞しています。

この記録は日本人としては2001年に受賞したあのイチロー選手以来の快挙だそうです。

 

大谷翔平の海外での反応アメリカでの反応は?

大谷翔平のアメリカでの反応は海外として素晴らしい反応を見せており。

海外の反応としてアメリカでます大谷フィーバーが始まっているというほど素晴らしい反応を見せております。

今では大谷翔平のことを大谷さんと呼ぶアナウンサーが素晴らしく多くなっております。

 

大谷翔平はお隣韓国でも大絶賛の中国人気選手!

アメリカではもう一歩といったところの大谷選手の評価ですが、なんとお隣韓国で異例の絶賛を受けているそうです。

【スポーツ異聞】「漫画のような活躍」「これは実話か」 韓国メディアが大谷翔平を絶賛

 

同じアジア人として活躍する大谷選手ということで、韓国メディアは「天才」「漫画のような活躍」と大絶賛しました。

アジア圏では大谷選手が名実ともに一流の選手として認められつつあるのがわかります。

 

大谷翔平海外の反応、今年一年の活躍を振り返る

大谷翔平のメディア CM の記録を

打者としてメジャー1年目で打率.285、22本塁打、61打点の成績を残した大谷翔平選手、あめのメディアでは新人王に押す動きが高まっています。

異性に大谷翔平は新人王を獲得し素晴らしい結果を残してくれました。

大谷翔平私として104試合に出場して打率2割8分5厘という好成績を残し新人を持してメジャーだけでなく韓国中国台湾アメリカで大注目を集めて海外の反応としては超一流の選手となりました。

しかし!開幕直後には大爆発。投打に渡り、鮮烈極まりない活躍を見せました!

の長期的なプランを諦めることなく、来シーズンも打席に立つことを彼が画策していることもまた、何の驚きでもない」としています。

活躍の要因をAP通信は「オオタニの粘り強さは、彼に備わっている最も素晴らしい強みの一つであることは証明済みだ。そしてそれは、並外れた才能を備えるアスリートに必ずしも見られる光景ではない」と指摘しています。

「彼が2カ月間マウンドから遠ざかって、7月がスタートする際には打席で苦しんだ。しかし、彼は8月になって打率を.328とし、6本塁打18打点を挙げた。9月初旬にマウンドに復帰

大谷 翔平 海外 の 反応 投手としての評価が以外にも〇〇だったとは・・・

 

大谷翔平は海外の反応として登場しても素晴らしい反応を見せておりますが

 

今シーズンは大谷翔平はピッチャーとして投手としての必要はなさそうです。

 

投資としての必要がない理由としては肘の手術が大きく関係しています。

 

今シーズンは私は大谷翔平として海外の反応を見てきたいと思います。

 

では最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です